読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内夢色

自分の中の脳内整理。主にツイッターから発症。

元爪噛みセルフネイラーのセルフネイルについてあれこれ。

爪噛み歴15年、セルフネイル歴4年です。こんにちは。

21歳くらいまで爪噛み深爪傷だらけの3連コンボでした、大学時代の級友は知っていると思いますが。

21歳の秋に「直すか」と思い至り、噛まない為に色を塗り始めたのがセルフネイルのきっかけです。ネイルサロンで爪噛み矯正した方が手っ取り早かったのですが、とんでもなくお金が掛かるということで自分で矯正することにしました。

爪噛みは直り、爪自体も形が整ってきて今では爪噛みの片鱗もありません。それでも完全に綺麗になるまで2年ほど掛かりましたけど。

 

じゃあ今何でネイルを塗っているのかと言うと趣味と爪保護の為です。

ネイルを塗る作業自体が好きになったのと、爪噛みの名残で爪自体は強度がないので保護も兼ねてまだセルフネイルを続けています。

そんな訳で、我流ではありますが、個人的なネイル手順とお勧めのネイルラッカーなど纏めていこうと思います。あくまで我流なのでネイルサロンのお姉さんの手順とは違うかもしれません。セルフでネイルがしたい、セルフネイルの持ちを良くしたいという場合は参照してもらえると良いです。マニキュアでの塗り方なのも注意してください、ジェルネイルはまたやり方が違うと思います。

 

 

 

「色村流セルフネイルの手順」

 

①甘皮の処理

②爪を磨く

③手を洗う

ベースコートを塗る

⑤ネイルラッカーを塗る

トップコートを塗る

⑦保湿

以上7手順です。そんなに変わったことはしてません。普通のことだらけだと思います。

 

 

①甘皮の処理

別にやらなくても良い手順。頻繁にネイルを塗らない人はやっても良いと思う。

爪の根本、ここに張り付いている非常に薄い皮のようなものを取り除く作業。これを取ると爪が長く見える。あと爪の根本が塗り易くなる。

温めて皮膚を柔らかくして、根本の皮膚を綿棒で押すとその下の甘皮が出てくるので除光液に浸した綿棒をくるくると動かして取る。それ専用の道具も売ってるけど綿棒があれば事足る気がする。あまりやると爪の根本が炎症起こして化膿するのでやり過ぎないことが大切。痛いような力でやらない。

 

②爪を磨く

これも正直個人的にやってないことが多い手順。自分は頻繁に塗り替えるのでその度磨いてると爪が薄くなる。ネイルを久々にやる、という場合はやるとその後の塗り作業が上手くいき易い。ベースコートで表面の傷や波打ちが消えるならそんなにやらなくて良さそう。

 

③手を洗う

絶対にやる。爪に油分があると上手く塗れないので皮脂を落とすようにしてる。

ハンドソープで洗う、甘皮の処理や爪磨きなんかしてるとここで甘皮の粉とか落とすようにしている。あと手の温度が高いと気泡が出来易いので水で洗う。

 

ベースコートを塗る

マニキュア必須手順。色素沈着を防ぐ、爪の表面を滑らかにする為。

色村の使用品はOPIのNAIL ENVY。

爪の強度がない人、二枚爪など爪トラブルがある人にはお勧め。比較的速乾。

NAIL ENVY自体は毎日塗り重ねて爪の強度を上げるという使い方が本来なので普段仕事でネイル出来ないけど爪が脆い、という人にも。ボトルでの色は乳白色だが艶感はない上色も付かない。これだけ塗ってもほとんど解らない。

 

⑤ネイルラッカーを塗る

色を塗る。どういうデザインにするかで必要なカラーの数も道具も違ってくる。

大体2度塗りしないとボトル通りに発色しないネイルカラーがほとんど。

エッジ(爪の先端側面)は塗っておくとネイルの持ちが良くなる、ただ分厚くなり易いので苦手ならやらなくて良い。

大体一度塗って、はみ出た部分を除光液付き綿棒で取り除いてまた塗るという繰り返し。

 

マーブル:やりたいカラー数色と100均のトップコート、或いはラップ

グラデーション:やりたいカラー2~3色、100均のファンデーション用スポンジ

フレンチネイル:やりたいカラー、100均のサージカルテープ(マスキングテープ)

ネイルパーツ:100均

 

色村が何かしらデザイン系をやる時は上記のような道具。基本100均で良い。何ならネイルカラー自体も100均で問題ない。

マーブル:細かい柄ならトップコートでカラーを引きずって混ぜる、大判の柄ならカラーを爪に落としてラップを押し付けて色の濃度を調節する。トップコートが色を引きずることになるのでトップコート自体に色が付き易い、100均のどうでも良いトップコートで作業する。

グラデーション:ベースの色を塗って、スポンジに濃い目のカラーを塗って先端からスタンプをする。調節が難しい。色を何度か塗り重ねてグラデーションを作る手順もあるが個人的に苦手でやってない。

フレンチネイル:ベースの色を塗って、乾いたらマスキングテープで塗りたい所以外をマスキングして別の色を塗って、テープを剥がす。あらかじめ肌に何度か貼ってマスキングテープの粘着力は落としておく。丸フレンチなどの変形フレンチならマスキングせずにフリーハンドで描く。

ネイルパーツ:頻繁にネイルをするなら通販で買った方が良さそう。接着はトップコート。しっかりトップコートで埋めないと取れる。シールも同様。

 

ネイルカラーは100均で良い。個人的によく買うのはOPIessie、NAIL HOLIC。

OPI:刷毛が大きい、サロンポリの代表格。塗り易い上耐久年数が長め。PLAZAやLOFTで売ってるけど通販の方が明らかに安い。

essie:刷毛が小さい、爪が小さい人にお勧め。塗り易い、刷毛が小さいのではみ出し難い。こちらもPLAZAやLOFTに取り扱いがある。やっぱり通販の方が安い。

NAIL HOLIC:1色300円(税抜き)という安さとドラッグストアにある点が魅力。カラー展開が豊富。刷毛が小さい点はessieと同じ。はみ出し難く塗り易い。耐久年数は短いような気がする。アート用の細筆カラーも売っているので細いラインや文字を書くのに良い。容量が少ない。

 

トップコートを塗る

塗ったカラーが乾いてから塗る。ネイルラッカーとの相性で色を引きずったり縮んだりするものがあるので多少注意が必要。トップコートを塗った状態で軽くよれた、傷が入ったなどはトップコート重ね塗りで修正可能。

OPIトップコート:縮みや引きずりという点でほとんど非がないのでネイルを始めた頃はよく使っていた。但し日焼け止めを塗ると艶がなくなり溶けたようになった為使うのを止めた。日焼け止めとの相性が有る様子。また日焼け止めで溶けたようになったのも数年前なので現在どうなのか不明。

セシェ・ヴィート:セルフネイラーなら知らない人はいないであろうトップコートの代表格。艶と速乾力が良いらしい。ネイルラッカーが縮む、ネイルシールが縮むなどの評価もあるので色村は使ったことがない。あと粘度が高くなり易く駄目になるという話もちらほら。

essie good to go!(トップコート):色村の現在の使用品。リピーター。液がさらっとしている、刷毛が小さいので塗り易い。艶と速乾力が気に入っている。ネイルラッカーが縮む、ネイルシールが縮むなどもない。色の引きずりは乾ききっていない状態で塗るとなることがある。塗り重ねても気泡が出来難い、ひび割れることもない。粘度が高くなり易いので塗り終えた後、瓶の口を除光液コットンで拭かないとならない。

デュカートのジェルネイル風トップコート:塗り重ねれば良い感じになるがひび割れや気泡が出来易い。比較的速乾。

 

大体トップコートは2度塗り。艶を出したい時や強度を上げたい、剝げるのを防止したい時は5度塗りしてることも。essieトップコートは艶は出ても厚さはないのでジェルネイル風にはならない。シアーカラーやクリアベースだと艶が良く出るのでジェルネイルっぽく見える。

2日に1度くらいトップコートを塗り直すと艶を保てて剥げ難くなるので出来ればやる。

トップコートを塗ってしばらくすると流水を浴びせる。何処かで乾き易くなるとあったのでやっているが定かではない。

 

⑦保湿

ネイル作業(除光液を使ったり手を洗ったり)をすると手が乾燥しているので保湿する。ハンドクリームでもオイルでも何でも良いと思う。自分はホホバオイルの後、貰い物のディオールのネイルオイルを塗っている。爪の根本や爪の裏側もしっかり保湿すると良い。

 

 

 

つらつらと書いてはみたけれど本当に特殊なことはしていないです。ネイルを塗る人なら知ってるよ馬鹿と言われそうなことばかりな気がする。

正直ベースコートトップコートにお金を掛けるとネイルはマシに見える。不器用だなと思うなら刷毛が小さいマニキュアを買うと失敗し難い。このくらいですかね。

爪の長さは好き好きだけど、短めなら単色塗りの派手な色、マットネイルがよく似合う。ロングネイルはクリアカラーやデザイン多めのネイルが映える。指を長く見せたい場合はやっぱり少し長めが良い。

あとネイル類の保管場所ですが、一人暮らしで好き勝手出来るので全部冷蔵庫に突っ込んでます。冷暗所が良いってだけなのでそこまでこだわらなくても良い。

除光液はKATEのものを使ってますが、頻繁に塗り替える所為で爪が黄変してきたので無印の除光液に切り替えようか悩んでいる最中。

 

さくっと我流を纏めてみました。何か使える点があれば幸い。

言葉の印象は言い方ひとつ。

おはようごさいます。
ツイッターでふらっと見掛けた「○○化粧水にラウレス硫酸Na(界面活性剤)が誤って混入しているので回収中」という案件。

使用感が違うならまだしも、化粧水が泡立つという意見を貰っていたとの点に少し吹き出しました。成分沈殿が気になって振ったのでしょうか、それとも旅行に持って行ったのでしょうか。
取り敢えずあわあわとした化粧水見たら唖然としそうです。なんだこれ。

そこまではやってはいけない製造時のミス、企業側のミスということでこれで客が離れていくなー、免税の人気商品だけど買って行く人達は気付かないまま使うのか…?と考えておりました(免税で購入した商品は、自国に戻るまで開封してはいけないのです。開封した場合は日本の税を掛けられます)。

その注意喚起ツイートに対して書かれていたコメントを見て眉を顰めたのが、今回の記事のきっかけです。

「台所の中性洗剤、顔に塗ってるようなものじゃないですか」


ラウレス硫酸Naと聞いても界面活性剤と聞いてもぴんとは来ませんよね。
ラウレス硫酸ナトリウム、市販シャンプーの主成分です。




ちょっと美容とか美肌の勉強をした際に、この成分名を目にしたことがあったので記憶に残っていたようです。
(※勉強と言っても齧った程度ですし、専門家でもないので間違いがあるかもしれません。その点を注意しながら読み進めていただけると有難いです)



気になって少し検索を掛けてみましたが、基本的なドラッグストア取り扱いのシャンプーにはほぼ入ってます、名前が少し違ったりもしますけどね。
僕が愛用してる首落ち花のシャンプーにも思いっきり主成分として筆頭に記載されてます。敏感肌で乾燥し易い下僕の愛用シャンプーはアミノ酸系で保湿効果のある殺菌成分が主成分でした。市販品の中ではかなりマシな方。下僕の髪質や肌質の成分に対する正直さに驚くしかない。センサーでも搭載してるのかお前。


じゃあ本当に台所の中性洗剤にもこのラウレス硫酸ナトリウムが入っているのか?という疑問。
台所の中性洗剤の主成分、我が家の愛用品チャー○ーmagic○、それから除菌が出来るなんとかさんを参照したら、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウムという舌を噛みそうな表記でした。何これ呪文?召喚に必要な材料の名前?



名前が違うのなら違う成分なのか。
いいえ同じ成分ですよ。
同じ成分ですが、法律や管轄によって異なる成分表示名がされてるのです。
髪の毛の皮脂も、料理の油汚れも同じ成分で落としてるんですね。


勿論、このラウレス硫酸ナトリウム、身体に良いものって訳ではないです。安価で泡立ち易く、洗浄成分が非常に強いという点からシャンプーの主成分となっています。皮脂を過剰に除去してしまうという点から、美容師さんがネットで警鐘鳴らしてることもあります。一時期ノンケミカルシャンプーやコンディショナーが流行ったのはこの為です。皆、将来頭頂部が不作になる可能性は避けたいですからね。
ただ目立ったトラブルが無ければ本人の自由なのでその辺に言及はしません、自分も使ってるしね。




今回の気になった点は、「シャンプー顔に塗ってる」と「台所の中性洗剤顔に塗ってる」では、言葉から受ける印象の違いが凄まじいという点です。

脂漏性湿疹や重度乾燥、アトピーなどの敏感肌やノンケミカル自然派などはラウレス硫酸ナトリウムが入ったシャンプーは使っていないでしょう。
だけど、普通に生活してる僕らはドラッグストアのシャンプーとか使ってること多いですよね。だから、どういうものかある程度解っています。
「ボディソープとシャンプー間違えた…」というあるあるネタもよく聞きます。

台所の中性洗剤は、洗い物をする時に使用します。料理の汚れや頑固な油汚れを落とす為に使うので、洗浄力が強めなイメージではありませんか。
少なくともシャンプーよりは強いイメージを持ってる方が多いのではないかと思います。






だけど蓋を開ければ「あら、主成分一緒じゃん表記違うだけ」ということで。
使用用途や細かい成分は違いますけど、成分表記ってそのうち最も占める割合の多いものが筆頭に来ますからね。

しかし、何も知らない状態で「台所の中性洗剤塗ってるようなもの」と聞いたらそれはそれは怖いのではないでしょうか。顔は皮膚も薄いし、そんな肌に油汚れすら落とす台所の洗剤なんて…!乙女の肌になんてことしてんだジーザス!となるのではないでしょうか。

確かに、顔の皮膚は身体よりも薄いですが、顔と頭皮って地続きなので実は大差ないです。身体と顔の皮膚の強さが違うのは、どれだけ外的刺激を普段から与えられているかの違いからなので。頭皮もそんなに普段刺激を受けませんよね。

シャンプーと同じ主成分ということを知っておけば一時的に悪化しても治ります。シャンプーなので目に入ったら痛いですが目に入ると痛い化粧水もありますしね(笑)
化粧水は洗い流さないからシャンプーと違うという点がありますが、肌の構造上表面のみにダメージが来るはずなのでターンオーバーを待てば大丈夫ではないかと。何より企業の公開謝罪ページに、重篤な健康被害にはならない、と記載もありますしね。

もし重篤に悪化するとすれば、界面活性剤系のシャンプーが使えない敏感肌の方ですね。ただ、こういう敏感肌の方々は自然派だったり自作化粧水などを愛用してることが多いので、市販品に手を出してるイメージは少ないのですが。







普段から比較的顔に近い面に使ってる成分、と解れば必要以上に怯えることはないと思います。

しかし、知識がないままに聞いたニュアンスで、受ける印象は随分変わるというお話です。
台所の中性洗剤がシャンプーとイコールなんて普通考えないですものね(笑)



同じ内容でも、言い方一つで人の不安なんてどうにでも煽ることが出来るのです。
それをしない為には、鵜呑みにしないで調べてみることや、疑ってみることが必要なんでしょうね。

女の子は、クズであるくらいが可愛い。

最近友人が滅茶苦茶可愛らしく恋の話をしてくるので、ああそういやそういうのもあったかなあ…と思い返しています。

洋服一つに気を遣ったり、自分や相手の一言一句に一喜一憂、そんな様を可愛らしく見せてくれるのは女の子の特権だと思います。
そんな相手と会話しつつ、目の前で無言で鍋の中身を器によそってくれる下僕を見ながら、そう言えばどんな感じで始まったのかと思い返すとクズの極みみたいな手法で始めてました。これぞクズ。
と言うかそんな手法に引っ掛かるのかよ!と突っ込みたくなるでしょう、男性なんてそんなものです。敢えて言うなら、解ってても引っ掛かるくらいが良い男の子なのかもしれませんけど。

※偏見と自己分析と主観に満ちた内容です。用法用量、使用時には万全の注意をお願いします。



⑴兎に角短期決戦
恋愛というのは残念ながら熱し易く冷め易いものです。付き合う前のお互いの賞味期限なんてせいぜい1〜3ヶ月くらいなのでは?
特に男性は、曖昧であること、楽であること、居心地が良いことを優先する傾向にあるので、関係性に名前をつけて固定するには短期決戦しかないと思います。相手にも拠りますが、兎に角意識してもらうにはなるべく短期決戦。
外堀から埋めていこうとしてる間に逃げられては元も子もないので兵糧攻めなども難しいです。正直「敵将討ち取ったりぃいいい!!」って本陣に単騎で突入する方が良いのではないかと。

もしこの場合で、すぐに距離を詰められると逃げられる、或いは引かれるという場合は短期決戦に合わせて②の手法を勧めます。



⑵こいつ俺のこと好きなのかな、と思わせる。
簡単に言えば意識させればこちらのものです。正直スキンシップさえ取ってれば言葉なんて使わなくても意識してくれると思います。但し女の子慣れしてる相手は逆手に取ってワンナイトラブに持ち込もうとするので使う相手は見極めましょう。
スキンシップ自体は徐々に外堀を埋めるような形で良いのです。ビッチと思われても困る。
精神は敵将討ち取ったりというレベルで壁際まで一気に攻めてコンボ叩き込めば良いのですけど、肉体的には脱走したハムスターを捕まえるような慎重さでいきましょう。
因みに自分のケースとしては。

①基本隣にいるようにする。
②研修時は大体隣の席を取る。
↓ここからは2人きりで違和感なく過ごせるようになってからが安心かも。
③一緒に帰るようにする(これは相手が一緒に帰るようにしてくれたので結果的にという形ですが)。
④ご飯をよく食べる間柄になる。
⑤「寒い」と言って腕を組む。
⑥電車で寄っ掛かって寝る。

などでした。4月はまだ寒かったので腕を組むとか普通に出来たようです。付き合ってなくてもここまでスキンシップ取れるようになるので段階的に追い詰めるのが一番かと。手法を思い出していてうっわクズいと思ったのは言うまでもない。男女どちらも相手にしてると大体何にどう弱いか解ってるのがまた痛い。

因みにこれらをやられた下僕に当時の心境を聞いたことがあります。
「誰にでもこんな感じかと思ったらそうでもない。ただ甘えたがりなのかなーとは思った」
誰にでもそう、と思われないよう普段は軽口叩くくらいにしておきましょう。2人きりになってギャップ出すと美味しいかなと思います。



⑶決定打はぎりぎりまで言わない。
片思いしてるとよくあるのは「ああもう自分から言いたいなー」となって先走るケースです。⑵のスキンシップ全部クリア出来たら先走っても大丈夫かもしれませんけど、大体難しいと思います。
完璧に行動で好きだと表明しておいて、言葉では言わない方が効果的です。ただケースバイケースなので、余りにも距離を詰めるのに時間が掛かった場合は先に好きだと言葉で表明しておく方がよいかもしれません。正直時間が掛かり過ぎるとスキンシップもあまり意識されなくなるので…。
時間が掛かった場合は、まず相手に自分を意識し直してもらう所から始まるので、言葉→行動になります。
短期決戦なら行動→言葉で問題ないです。なるべくイニシアチブを渡さないように相手から告白させるようにしましょう。余程時間制限があって、スキンシップ過剰に取っても相手が動かない場合は自分から告白するのもありですけどなるべく避けた方が良いんじゃないかなーと。

男性は自分から獲得したものは大事にしますが、向こうから転がってきたものに対して結構大雑把です。モンハンがエンドレス狩りで売れたのはこの辺からかもしれません。幾らこっちが行動で示していようと、明確な言語による決定打は相手にさせる方が良いかと。

じゃああれだけスキンシップ取るのは何故?と言うのも相手が告白し易い雰囲気を作る為ですね。男性のプライドはどう繕ってもエベレスト並みに高いのですが、そのメンタルはおぼろ豆腐の強度です。絶対失敗しないんじゃないかなーと思わない限り動かない生き物であることが多いので、安心感を適度に与えておくのが重要です。






さあここまで読めば解りますね、計算尽くのクズです。
正直話が合うとか、その辺りは好きになる要素として既にクリアしてるものとします。全く関係性がない場合から片思いを実らせるではなく、多少なりと繋がりがないと難易度跳ね上がるので…。


これくらい考えて行動しても、恋してる女の子は可愛いと思います。そんなの頭働かない!駆け引き出来ないって子は、相手の目の前で笑顔を作ったりご飯を美味しそうに食べる練習くらいから始めましょう。
駆け引きなんて狡い、相手を落とすとか一方的だなというのもありますけど、結局恋した時点で一旦負けてるのと同じなので、勝ちに行くようにいきましょう。勝ち負けではないですが、どちらが優位に転がすかは重要な点ですからね。


何より大丈夫だよ、と笑いたいのは、これだけ駆け引きしてようと、恋してるって段階で可愛らしい行動になるからです。相手が好きで取る行動ですからね、可愛くないはずがないんですよ。女の子はすべからく、クズなくらいで可愛いんです。

女子が女子である為に女子であるということ。

新年が明けましたおめでとうございます。

1/2に重い身体を起こして、新年初売りセールとやらに足を運んだ。
いやもう人だらけでこんな中で大量に人が触って確かめた衣服を買うってのもどうなんだ……と多少冷静になりながら、着る前に洗濯してしまえば良いかと思い直してお目当の物を購入してきた。

まあお目当だったのは、ピーチジ○ンの下着と、ジェラー○ピケのルームウェアである。福袋は当たり外れが激しいものが多いので狙ってはなかったのでセールのみ目的である。

まあ大体、定価で買うと馬鹿にならない連中を購入しようと思ったのだ。実際定価だと買う気にならない。特に後者のルームウェアなんて手に取って値段を見て笑うことが大半だ。部屋着にこの値段出すのか…と。ファストファッション系統の服屋できっちり揃えられるくらいの値段である。

下着に関しては女装する際に必要になったので購入したのみである、普段は下着のラインが出るのが嫌いでスポーツブラなどが多い。スポーツブラなんて高くても上が1500円程度だ、それでも品質が安定しているし何より肌触りが良い。
安い女性用のレースやら装飾の多いものはたまに皮膚に触れてかぶれるのであまりに安いものは避けた結果がピー○ジョンだ、安直である。





まあそんな訳で大体定価の3割で購入してきた。気分は上々である。購入時は。


大抵こういうものを購入した際は、洗濯表示で溜息をつく羽目になる。




まず、下着。当然のように手洗いを推奨されている。が、正直手洗いで綺麗になると到底思えない。以前に読んだ、手洗いで黴が生えたという記述を思い出した。
結局、面倒臭くてネットに入れてエ○ールをぶち込みドライモードで下着のみで洗濯した。ただ、乾燥まで掛けるのは避けた方が良いとあったので浴室乾燥機に機能してもらうことにした。


次にルームウェアである。こいつはドライ表示があったので洗濯機で回して大丈夫だ。しかしこの手触り感を失わない為に、ネットに放り込んで単体で、エ○ールで柔らかモードで洗濯〜乾燥という運びになった。
また、ネットに一纏めに入れると「衣類の偏りを直せ」と洗濯機に多々警告された為に上下別にネットに入れることになった。あのふわふわ素材、水を吸ってかなり重くなる為、衣類の偏りと判断されたらしい。それしか入ってないのだが繊細なドラム式洗濯機には通じないようだ。




セール品で購入したのである程度まで気を遣いある程度までは妥協する、という運びにしたが、それでも面倒臭い。
しかしこの僕の洗い方に対して「信じられない!」という子もいるのだ、きちんと洗濯表示の通りにする、と。
その辺りを気にするのは、やっぱり女の子のなせる技なのかなと思ったり。



普段は色物、を区別する程度で洗濯機に放り込み洗濯〜乾燥まで一手に仕上げてしまう。ドラム式洗濯機で、乾燥まで仕上げてもシャツの袖が皺だらけにならないという性能を見せつけられてからほぼ乾燥まで掛けてしまっている。
実家では浴室乾燥で乾かしていたが、それだと8時間浴室が使えなくなる。乾燥なら2〜4時間なので利用しない手はない。


ぼんやりと回る洗濯機を見ながら、ああ女子ってこういう風に面倒臭いのか、と思った。
特にお気に入りの衣類や、少し奮発して買ったものの手入れには非常に金や手間が掛かる。買って終わり、ではなくてそれを維持しなきゃならないのだ。

その、維持しなきゃならない、というラインで、女の子は女の子というものになれてるんだろうなと考えた。

良い服を買ったから、この服に似合う体型になる。
お気に入りだから、型崩れや色落ちがないように手洗いする、またはクリーニングに出す。

こんな風に女子力、というのは構成されて維持されていくのかと何となく解った。
その面倒臭さも、楽しめればもっと良いのだろうが、残念ながらそんな余裕は現代にはない。





書いていて気付いたが、お気に入りの球体関節ストッキングやレントゲンボーンタイツなんかは手洗いしている。他の衣類と同時に回すことも難しいし、何より色落ちや破れが恐ろしいからだ。

気付かぬ間に女子らしいこともやっていたようだ、合唱。

BLを消費する行為は性的消費と言えるのか。

とある一件で3〜2次元界隈まで揉めているようなので、雑感を。

今回の問題点はBLとはAVと類似したものか否か、という点だ。
因みに世の中のAVは基本男性向けであり、女性向けAV市場はまだ貧困である。
男性向けとの違いは、シチュエーションやストーリー重視、物を写さない、生々しい描写は控えめである、など。

さて、女性向けAVとBLは何が違うのか。と言うよりまずBLは一体何なのか。

BLとゲイは別物である、というヲタクのお嬢さん方は結構いらっしゃる。彼女達にとってBLとは美しいファンタジーだが、ゲイとなると話は別だ。生々しく現実に存在するものである。現実に存在しないものを消費している、という感覚から、自分が擬似AVを見ているのだなんて感覚は更々ない。
女子がAVを見るなんて!男性向けのAVなんかと一緒にしないで!きちんとストーリーがあって関係性があって云々が彼女達の言い分だろうか。

まあAVと言われると男性向けを思うのは当然だ、性交渉に重点を置く、ストーリーは二の次、視覚的な興奮をメインとする男性向けAVとBLは確かに別物ではある。同類系統だが。

ここでまた一つ問題なのは、腐女子は、エロに悶え悶絶し壁を叩きこそすれ、それに欲情している訳ではない。欲情と言うよりはただひたすら喜んでいるだけである、どれだけ下品かつ直接的表現を使おうとも彼女達は男性のように欲情している訳ではない。
要は、BLでオナニーなんかするか!ってことなのである。萌えが脳味噌のみの自慰行為である、と言われたらそれまでなのだが。

性的に消費しているか否か、という点でも実は異なる。自分の性欲に伴ってAVを見る人はいるが、AV見たから欲情するのは順番が違う。欲情したからAVで消費を促すのが男性だ。
女性は逆だ、物がなければ反応しない、つまり性的に消費するつもりがないものに反応する、ということである。
つもりがない、それ用に作られているものではないものに見出しているので、端的に性的消費として使われるAVとは順序が違っている。
男性はあくまで男性向けAVしか知らない。男性が肉体的に消費しているAVと腐女子が精神的に消費しているBLとは、正直住んでいる位置が違っているのだ。

精神的な消費は脳内麻薬の分泌程度で、実的行為を伴わない。男性はそうではない、興奮し行為をし、満足する。
まあ、何と言うのか、ここまで派手な盛り上がりになったのは、AVと言われてしまったので「それでオナニーしてんだろ?」と暗に言われたと思った女性達が暴発したのだ。BLで自慰行為をする女性もいるのかもしれないが、少数であるのは間違いなさそうだ。

肉体的消費と精神的消費は次元が違う。男性は身体で欲情するが、女性は脳味噌で興奮する。欲情するのと興奮するのは、似ていても非なるもの。AVとBLも、結局そんな所なのだろう。