脳内色色

自分の中の脳内整理。主にツイッターから発症。

DXMのODについて。

こんにちは、最近は読書したり自分で文章を書いたり、文字と関わる時間の多い私です。

さて、本日は全く誰の参考にもならない備忘録のようなメモです。

成りを潜めていたメンヘラ系、ODについて。

 

オーバードーズ(以下OD)推奨や自傷行為推奨ではなく、個人的なメモで尚且つフィクションとして読んでいただけると幸い。OD駄目絶対。

 

 

 

DXM。

これを飲み過ぎるとどうなるか、という個人的な記録。

 

簡単に、どういう薬かの概要。

我らが検索エンジン様に頼れば一発で出てくるので本当に簡単な概要。

市販薬であればコン〇ック、処方箋ならメジ〇ン、メジ〇ンのジェネリックがデキストロメトルファン

 

主な役割は鎮咳薬、中枢神経に作用して咳を止める為の薬。

非麻薬性の鎮痛系に分類される。

 

過剰摂取するとまあ色々と普通なら不都合な症状が当たり前のように出る。

不都合と言うか、中枢神経を抑える為にセロトニンなどを分泌するので幻覚作用があったりなかったりする。この辺は個人差が激しい。

 

 

初回は10錠。

思考が鈍化する程度で目新しい変化はなし。

次が10錠。

但し外出したら三半規管が死んで自宅でリバースした。その後落ち着いてから錠剤追加して外出。身体のコントロールは容易だけど思考の回転速度が非常に上がる。

一番直近、14錠。

一度に飲んで不思議のアリス症候群のようになった、俗に言う「下手な遊び方」。

 

 

 

個人的に感じられる効果としては、思考速度の加速、感覚器の増幅作用、多少の乖離、陽気になる(但し元からテンションは低空飛行なので、これで普通の人のテンションになると言うレベル)、食欲減退というか食欲消失。

 

思考速度の加速は本当によく解る。

眼球から入る情報処理の加速、そして推察力の上昇、連想ゲームのように思考が繋がっていく感覚。個人で行ってもこれはあまり解らなくて、誰かと一緒にいる際に顕著。

尚且つその相手もDXMのODをしてると本人達にしか解らない速度で会話をしていることがある。思考の連鎖能力が凄いと言えばそうなのだけど、言い換えると滅茶苦茶脈絡がないという感じ。

あと、これは私個人の感覚でしかないけれど、人の思考に関しての分析力がかなり上昇する。他人を分析してカテゴライズして、その人が思考していることを読み取るということを得意としているのだけど、そのスキャン精度が上がる。分析に基づいて人のことを推察しているという内容なのだけど、私個人の言葉で言うなら「人の思考が透けて見える」というものだ。その「透視」のような能力の精度が上がる。これは、感覚器の増幅が影響している。

感覚器の増幅作用という書き方をしたけれど、増幅されていると私が明言出来るのは視覚聴覚だ。簡単に言うなら視野が広くなったり、細かいものが見えたり、他人の喋り声をそれぞれ聞き取って判断する、など。簡単に言うと、視覚は高性能一眼レフのレンズ、聴覚は集音マイクのレベルになる。なので、前述した「透視」が異様に捗る。

触覚に関しては、肌が触れた所から崩れて溶けるような感覚もあるが、これは触れた相手に因って違いそうなので流しておく。

 

 

多少の乖離、これは自分の身体と自分の脳味噌が離れていくような感覚。自分で自分の身体を動かしているという感覚が消失するというもの。地味に私は薬なくても低気圧の日なら身に覚えがある、まあ自分の身体に現実味がないという感覚。だけどDXMの場合は、度を超えて投与すると強制的に脳と身体のリンクを切り離される感覚になる。自分の身体をこう動かしたいのに身体が言うことを聞かない、と言った状態。

 

一口にODと言っても段階があって、上手にODする人と、救急搬送されてしまうような人と段階がある。どれくらいで作用して、どれくらいだと効き過ぎるのか、そういった個人のラインをOD中毒者は持っている。全く知らなくて良いラインだけどね。

個人の肝臓の解毒能力とか体重とかで、自分がどれだけODしたらこの辺まで作用するっていうラインは違うので、実体験をもって皆ラインを引いている。まあその中で嘔吐したり救急搬送されたりと無茶とお付き合いしつつラインは見極めている。

私は中学時代に風邪薬OD(銀とか青とか黄色とかの奴)で嘔吐するということをやらかしているのでODに関してはかなり慎重な方だと思っている。ODに慎重も何もないだろという声が聞こえそうだけど、他人様に迷惑掛けないようにはしているんだ一応。特に救急搬送されないように。

 

 

ただ、直近で調子に乗って一回の投与量を増やした所、不思議のアリス症候群まで到達した。不思議のアリス症候群が気になる方はお手持ちの便利なスマートデバイス検索エンジンに頼ろう。普段なら、目は回るが身体の稼働は可能な程度に抑えていたのだけど、その際は投与量を見誤って恋人に迷惑を掛けた。外出時でないから投与量を見誤ろうという計算はしていたけれど。

身体を動かすだけで脳も一緒に揺れるような錯覚で動けなくなる、単純に言うなら酷い眩暈。強制的に脳と身体を切り離されるのもこの時。全く身体が言うことを聞かずにベッドに寝ている状態。私個人は乖離の感覚がそこまで好きではないが、強制ログアウトの感覚に笑っていた覚えがある。投与し過ぎると身体が動かせなくなるので苦手である。身体を動かせばリバース待ったなしになるからだ。私の三半規管も胃も肝臓もそんなに強くない。

 

 

食欲減退と言うより食欲消失。これはまあ私だけなのかもしれない。

どうしても薬の過剰摂取には嘔吐が付き物なので、なるべく吐かないように摂取を控えているというのもある。が、そもそも空腹感が全く解らなくなる。昔から過食と拒食を繰り返しているので空腹感とはあまり縁がないのだが、DXM投与時は本当に空腹感が解らなくなる。何かを食べたいという感覚が白紙になる。因みに食べ物を見ても食べたいと思わない。他の人の備忘録だと飯が美味いなどあるが、私には全く解らないのでこの辺りは不明。正直ダイエットには良いなあと思った。

大概のODは口渇があるが、DXMで口渇はあまりない。私の場合は食べない飲まない、という状態になるので血中濃度が下がるのが遅くなる。

 

 

私個人の適切なOD(言葉が矛盾しているのは理解している)としては、初回10錠、その後切れそうになったら5錠程度追加していく、というもの。

 

初回10錠とあるが、その感覚に三半規管が慣れる為に、初回投与分が落ち着くまでじっとしておくか、外出するなら飲む前に外出して目的地に着いてから服用する必要がある。私の三半規管にダイレクトアタックを仕掛けてくるので、感覚に慣れてからじゃないと公共交通機関ですら車酔いし兼ねない。

こんなものODして外出するのかよというご意見を賜りそうだが(というかこの記事の内容自体が既に外野から何かしらのご意見をいただきそうではある)、実は傍目には全くODしているなんて解らない。

外出出来るほどの理性と身体コントロール能力を維持した状態で思考が加速しているだけなので、某お薬みたいな「呂律が回らない」、「目が明後日の方向を向いている」、「幻覚と会話している」と言ったことは一切ない。体感としては多幸感もあまりない。DXMのODしている者同士で会話するとそのシンクロニシティや思考判断に多幸感がなくもないが、世間一般で言われているような典型的薬物症状にはならない。

そもそもが咳止めですからね、これ。

逆に言うと、一発で「あ、これ薬物中毒者だ」と解るような言動の場合は大抵が即刻檻の中行きのお薬を使用している人です。市販薬ODだの処方箋ODだのの人達とはまた次元が違う。恐らく次元も見えている世界も違うことだろうと思うけど。

まあ乱用という点では一緒だけどどの法律に触れるかは別物だよね、というお話。

 

 

因みに解り易い副作用というのはない。と言うか肝臓は沈黙の臓器なので恐らく気付けない。私はピルを飲んでる都合上、血液検査が待ち構えているからその際の肝臓系の数値がとんでもないことになっていないことを祈るしかない。ODする前からとんでもない数値叩き出してる前科があるので自分の身体は全く信じていないが。

強いて言うなら依存性、後は耐性が付き易いらしく投与量が増えがちらしい。これはDXMに限らずどんな薬でも耐性形成はされる。私が適切に飲んでいる睡眠薬も順調に耐性形成されて投与量が増えているよ。薬である以上そんなものだ。

ただ、依存性という意味合いや離脱症状まで含めて考察するなら、同じ咳止め系のコデインエフェドリンの方が凄まじいらしい。一般人からしたらどれも変わらないってことは五月蠅いくらいに知っている。

 

 

因みに1回あたりのDXMの効果時間としては2~3時間程度。

追加で飲めば効果延長という解り易い仕様。人によっては追加しても効かないらしいのでこの辺は自分の身体で人体実験するしかない。

 

離脱しても別に何か大きく変わる訳ではなくゆっくりと抜けていく。

人によっても抜け方は千差万別のようで、私は一度投与するとかなり長く作用する。食わない飲まないが原因だとは思う。あと単純に体格とか肝臓とかの問題。

 

薬効自体は抜けているのに思考の回転速度がそのままなのが私の副作用かもしれない。

私には一度その思考速度に慣れると、脳はそのままで思考を続けてしまうという癖がある。一度加速すると止まらずにそのまま稼働し続けるので仕事時には便利な癖でもあった。

ただ、DXMの場合は、思考速度が速過ぎて考えることに疲れるので、私のOD終了時には睡眠薬が必須である。薬の効果を更に薬で上書きするって別の意味でアウトな気がしなくもない。

 

 

 

 

以上、個人的なDXMのOD雑感。

文章書くのには悪くないのかもね。

 

 

ああ、全部フィクションだよ?